ラオス北部を1カ月旅行した話。+おすすめの観光スポットや注意点等。

「最後の桃源郷」と呼ばれるラオスの、首都ビエンチャンより北側を1カ月かけて旅行してきました!

タイのチェンライからバスに乗って国境を渡り

フアイサーイ(ボケオ)→ルアンナムター→ムアンサイ(ウドムサイ)→ムアンクア(ポンサーリー)→ムアンゴイ→ノーンキャウ→ルアンパバーン→バンビエン→ビエンチャン

のルートで旅行しました。

ラオス北部には、「昔の日本はこうだったんだろうな」としみじみと感慨にふけるような、丁寧に自然と共生する生活が残っていました。また、どの街も治安は良く、安心して旅行することができました。写真付きでお伝えしていきます。

 

フアイサーイ

フアイサーイは夕陽とメコン川が綺麗な以外、何もない街です。が、その潔さが逆に美しく感じられる街でもあります。メインとなる通りは1本しかなく、それもお店があるのはわずか長さ百~数百メートルです。人も優しく、ある意味もっともラオスらしい町かもしれません。

驚いたことに、フアイサーイではタイで使っていたSIMカードがそのまま使えました。ラオスでのSIMカードの購入に関する記事もあわせてご覧ください。

欧米人はフアイサーイでジップラインに参加する人が多いです。ちなみに、ジップラインはフアイサーイの他に、ルアンナムターやノーンキャウで参加することができますが、聞く限りではノーンキャウが最も満足度が高いようです。

夕景

メコン川です。対岸はタイ。
ラオス一の美女に、初めの街で出会ってしまいました。

グルメ

ダックヌードル。1万kipと非常に安い。他の店は1.5万kip以上でした。

残念ながら、フアイサーイにはグルメというグルメはありません。特にタイから来ると、その選択肢の少なさ、そして値段の高さに絶望します。この傾向はラオス全土共通です。ラオスでは、全ての物価がタイより1割~2割ほど高く、質が低めです。

そういうもの(表面的な質とかコスパとか)を求めてラオスに来てはいけないということでしょう。

宿泊

小さい街なので選択肢も少ないですが、15万kipくらいあればそれなりの宿に泊まることができます。

これはラオス全土共通ですが、安宿は10万kip前後です。中級のホテルに泊まりたければ、20万、30万kipくらい出せば、多少の付加価値の付いた宿に泊まれます。もちろん、場所によってはそれ以上の選択肢もあります。

バスでルアンナムターへ

ホテルにお願いすれば、バス停までのトゥクトゥク込みのバスチケットを手配してくれますが、自分でトゥクトゥクを見つけてバス停まで行って、バス停でバスチケットを買えば多少安く済みます。これはラオスのどの都市間移動でも同じ法則です。

ただし、出発時刻の1時間前を目安にバス停に着いて席取りをしておかないと、バスが満車になって勝手に出発してしまうので要注意。これも、ラオスではどこでも当てはまる法則です。

バス停で買うバスチケットは、距離によりますが40,000kip~200,000kipくらい。きちんとバス停に料金表があるので、特に事前リサーチをしなくてもぼったくられる心配はありません。

バス(ミニバン)でルアンナムターへ。4~5時間の道のりです。バス停でチケットを購入すれば40000kipくらいでした。
途中、少数民族の村をいくつも見ることができます。
いずれかの少数民族と思われる子たちが、山道を集団で歩いていました。

ルアンナムター

バス停が市街地から遠いため、バスを降りてからルアンナムターの市街に行くにはトゥクトゥクに乗る必要があります。バスの同乗者と乗合になるので、値段はみんな一緒。値切る苦労はありません。ちなみに一人20,000kipくらいだったように記憶しています。

ルアンナムターは、欧米人がトレッキングの拠点としてよく利用する街です。ここから北西にバスで2時間進むと、山岳系少数民族が多く住むムアンシンという街に行くことができます。

この街自体も落ち着いていて不思議な魅力がある街です。

市街

ルアンナムターの中心部はこんな感じです。フアイサーイより少し栄えていますが、それでも何もない街です。
掃除中のお洒落な直角おばさん。
店先で集まってご飯を食べる現地人たち。この海苔はラオスでよく見かけます。

バンブーブリッジとその先

竹でできた橋、その名もバンブーブリッジ。現地人はバイクでこの上を走ります。雨季には流されてしまうので、毎年作っているとのこと。
バンブーブリッジが架けられている川。人々の暮らしの一部となっていて、ここで洗濯をしている人や体を洗っている人を見かけます。
バンブーブリッジを渡ると、その先にはラオスの昔ながらの暮らしがあります。

 

ナムディー滝方面へ

ルアンナムターでは、レンタル自転車が1日2万kipほどで借りられます。ルアンナムターも、街の中心は道1本しか無いので、レンタル自転車屋さんを探すのはとても簡単です。Nam Dee Waterfallの方面へと進んでみました。

未舗装路が続き、お尻が痛くなってきます。少し遠出をするなら、バイクを借りるのが正解でした。
途中、ヤオ族の人たちの家もありました。縫物をしているところです。

家畜と人が、よりプリミティブに接しています。

魚とりをする少年たち。
滝の上でたむろする女の子たち。
上の写真の女の子たちがくれた実。しぶくて毛がいっぱいで、食べるのに苦労しました。
宿泊
こちらは安めのお宿です。

グルメ

レストランはいっぱいあり、おいしいラオス料理が食べられます。ハンバーガーやパンを扱うレストランやカフェもあります。

ポークヌードル。2万kipくらいです。
こちらはFried vegetable with porkです。下にライスがあります。

バスでムアンサイ(ウドムサイ)へ

ルアンナムター市街からトゥクトゥクでバス停まで行き、チケットを買ってバスに乗り、ムアンサイ(ウドムサイ)まで行きます。

なお、ムアンサイは街の名前、ウドムサイは県名です。

バスから見える景色。
バスの屋根の上、鶏が顔を出していました。

ムアンサイ

ムアンサイはバス停と街が近いので、バス停から街まで歩くことができます。

この街は国道が多く交わる交通の要衝ですが、私はこの街自体は足早に去ってしまいました。漢字で書かれた看板等が多く、全体的に中国の香りが濃い街です。

薬草サウナ。火事で燃えてしまって改装中とのこと。

中華系の巨大スーパーマーケット。フアイサーイやルアンナムターには、この1/50くらいのお店しかなかったので、度肝を抜かれました。
このスーパーマーケットは全てが安かったです。ビアラオも安かった。

ムアンクア

ムアンクアも、街に着く前にバスから降ろされるので、バス停から街まではトゥクトゥクに乗る必要があります。

ここはボート移動の拠点となる美しい街です。

しかし、川に多くのダムが建設されており、都市間のボート移動が難しくなってきています。中国のリニアモーターカーに用いる電気を発電するためとのこと。たとえば、ムアンクアからポンサーリー方面にボートで行くことは今ではできなくなってしまっています。

ムアンゴイ、ノーンキャウ方面は今のところボート移動が可能ですが、後述のようにダム建設が始まっていたので、だんだん難しくなるのかもしれません。

市街

小さな町で、レストランの選択肢は少ないです。ホテルは歩けばいくつかあるので、困りません。人が温かい街です。

こちらはラオス名物のラープです。ラープとは、お肉と香草のサラダです。いろいろなラープがあり、豚、牛、魚、そしてそれらの生肉のラープまであります。もち米(カオニャオ)と食べるのが一般的です。どのお店でもかなりのボリュームで、一人で食べきるのは難しいかもしれません。
サスペンション・ブリッジ(吊り橋)。

ボートでムアンゴイへ

朝9時半に出発します。10人、20人と集まれば1人あたりの料金が安くなります。一人15万kipくらい。3時間くらいでムアンゴイに着きます。

ボート側から見た、ムアンクアの町。
ムアンクアからムアンゴイへと向かう途中。岸には時折、僻地に住む人々の生活が見られます。日向ぼっこする牛もしばしば。
途中乗ってきた女の子たち。学校に向かうところだったのか、教科書や水をいっぱい持っていました。二人はタイ系の低地ラオ人(ラオルム)、二人はカム族の山腹ラオ人(ラオトゥン)でした。同じ街に住んでいるため、タイ系の子たちも少しカム語が分かるようでした。
ダム建設が新しく始まっていました。この情報はネットにはありませんでした。ムアンクア→ムアンゴイは2018年3月現在、このダムのため、いったんトゥクトゥクに乗ってボートを乗り継ぐ必要があります。追加料金は必要無しです。
ラオス北部を旅行しているのは欧米人ばかりで、ほとんどアジア人は見かけません。欧米人の半分以上はフランス人です。

ムアンゴイ

ムアンゴイは、ラオスの中でもより理想郷っぽさのある町です。この辺り(ムアンゴイ~ノーンキャウ)は、ラオス北部の中では格別に自然が綺麗です。

陸路で来られない町だからか、両替レートは悪いので、できれば他の街で両替を済ませてから訪れるようにしましょう。

ボートでしか来られない町とあって、岸にはたくさんのボートがありました。

中心部

ラオスはほとんどどこもそうなのですが、川沿いの道1本しか中心部と呼べる場所がありません。

サッカーをする子供たち。

少し先

道1本の中心部を少し外れると、美しい自然が待ち構えています。住民の暮らしを支える川です。

体を洗う女性たちと、川の水を運ぶクレーン車。

宿泊

この町は、宿探しが少し大変かも知れません。観光需要に対してホテルが不足気味です。また、どこもWi-Fiが弱めなので、Wi-Fiが欲しい人はホテル選びの際は気を付けてみてください。

グルメ

写真が無いのですが…、中心部少し奥の方にある、Gecko Restaurantというレストランがおいしいです。特にカレーがおすすめ。

ノーンキャウ

ムアンゴイからボートで1時間ほどで着きます。ルアンパバーンからバスで来ることもできます。

川と山が綺麗で、お勧めの街です。市街から少し進めば、少数民族がたくさん暮らしていますので、少数民族の暮らしが見たい人はこの街で自転車かバイクを借りてみるのもいいかもしれません。

ラオスのバス停や船着場では、大抵トイレが有料です。
川はとても穏やかで、波紋が美しく見ていて飽きません。朝、昼、夕方、いつ見ても違った美しさを見せてくれます。

乾季は基本的に雨が降らないラオスなのですが、ノーンキャウは山間部に位置するためか、すさまじい天気の変化があります。一度、晴れて温かい日に、急に盛大に雹が降りました。

グルメ

Noymany Restaurantというレストランのラオス料理がおいしいです。

Noymany Restaurantにて。

ルアンパバーン&バンビエン

ルアンパバーンとバンビエンについては、別途記事を書きましたので、下のリンクよりあわせてご覧ください。

ルアンパバーン・バンビエンを旅行しました。おすすめ観光スポットを写真付きで紹介。

ビエンチャン

最後の街は首都ビエンチャンです。さすがに洗練されています。首都ですが、治安も良いです。

市街

片側三車線の道路をラオスで見ることになるとは。

Buddha Park(ブッダパーク)

おかしな像がいっぱいあります。小学生が「オレの考える最強の像」をいっぱい作ったみたいな場所です。今まで見てきた寺院の中でも、かなり気に入ってしまいました。

グルメ

良いフレンチやピザ屋さんがいっぱいあります。やはり首都だけあって、外国の風、タイの風が入ってきて洗練されています。日本人もよく見かけます。

buckwheat pancake(そば粉のパンケーキ)。Xang Khoo Restaurantにて。
こちらもXang Khoo Restaurantにて。

宿泊

少し贅沢をしてプール付きの宿に宿泊。25万kipくらいです。Mali Namphu Guesthouse。

 

 

 

以上、ラオス北部の旅行記でした。

南部のパクセやシーパンドンを訪れることができなかったのは残念でしたが、北部だけでも豊かな自然と昔ながらの暮らしをたくさん見ることができました。

先進国にいると、物質的な豊かさに囲まれるがゆえに、見えづらくなってしまうものもありますが、ラオスでは丁寧に暮らすことの大切さを改めて実感することができます。

 

日ごろのビジーライフからの息抜きに、ラオスをぜひ一度訪れてみてはいかがでしょうか。

ルアンパバーン・バンビエンの旅行記もあわせてどうぞ。

ルアンパバーン・バンビエンを旅行しました。おすすめ観光スポットを写真付きで紹介。

Leave a reply:

Your email address will not be published.