ルアンパバーン・バンビエンを旅行しました。おすすめ観光スポットを写真付きで紹介。

ラオスにいってまいりました!

ラオスの中でも特に人気の高い街がルアンパバーンとバンビエンです。特にルアンパバーンは、街全体が世界遺産に指定されており、街も自然も非常に美しく人気で、ご飯もおいしいです。

今回の記事では、そんなルアンパバーンとバンビエンについてご紹介します。

 

ルアンパバーン

英語ではLuang Prabangと表記します。ルアンプラバン、ルアンプラバーンと呼ぶ人もいますが、Praはラオス語でパと発音しますので、ラオス語的にはルアンパバーンが正しい発音です。

メコン川とカーン川の交点にある街で、川に沈んでいく綺麗な夕陽を見ることができます。ラオス国内では観光地として最もよく整備されていますので、居心地は首都ビエンチャンと並んで抜群に良いです。ラオスは全体的に治安が良いですが、その中でもルアンパバーンはかなり治安が良いです。

シーサワンウォン通り~サッカリン通り

英語表記はSisavanvong RoadとSakkaline Roadです。ルアンパバーンの観光の中心となる一続きの通りで、お洒落な雑貨屋さんや、レストラン・カフェ、ホテル・宿泊施設がずらりと並びます。

両替屋さんもたくさんいます。ラオスでは日本円の交換レートが悪いことも多いですが、ルアンパバーンなら1%くらいの手数料で交換できます。ちなみにラオスではドルは非常に強く、ルアンパバーンはもちろんのこと、多くの街で1%以下の手数料で交換できます。

 

サッカリン通りにて。このように、延々とレストランやホテルが並んでいます。

フランスの植民地だったこともあり、子連れのフランス人観光客が多くいます。フランス語を実際に使ってみたい人には、実はおすすめの国のラオスです。

サッカリン通りから裏に抜ける小路もお洒落です。

雑貨店
可愛いプリントの服飾・小物類が豊富。
少数民族の伝統の布製品。
少数民族モン族のハンドクラフト技術と現代的なデザインを組み合わせて布製品を製作しているお店、PASSA PAAにて。

PASSA PAAのウェブサイト

 

フォトジェニックな車があります。左手のお店所有の車のようで、半分展示物と化しています。

ナイトマーケット

マムシ酒?
たためるランタン。
ナイトマーケットの通りは、昼でも若干のお店が開いています。ラオス人は商売熱心でない人が多く、寝ている人、スマホで動画を見ている人が多いです。

 

クアンシーの滝

Tad Kuang Siといいます。Tadは滝という意味。市街の中心地シーサワンウォン通り・サッカリン通りからトゥクトゥクで1時間弱かかります。市街の旅行代理店で往復チケット(数万kip)を購入していくのが安くておすすめ。2時間ほど滞在できます。入場料2万kipが別途かかります。

日本ではお目にかかれないほど綺麗な水で泳げます。深いところは160センチ~180センチあります。脱衣所もあります。

石灰華段丘です。自然の神秘を感じます。
魚の丸焼きが売られていました。

セー滝(Tad Sae)という滝もあります。乾季(11~2月)には流量が少なくなってしまいますが、雨季(5月中旬~10月)は綺麗です。

プーシーの丘

英語ではMount Phou Siと表記します。しかしPhouがすでに山という意味なので、これでは「マウント富士山」みたいになってしまっているように思いますが…。

インドの猿神ハヌマーンが丘ごと持ってきたとされています。入場料2万キープ。

世界遺産の街ルアンパバーンが一望できます。丘の頂上まで登るので、360度見渡せます。
赤ちゃん連れで一眼を持って328段の階段を登ったイギリス人女性。母強し。
メコン川に沈んでいく夕陽を見ることができます。3月には、5時45分~6時5分にかけて夕陽が沈みました。夕陽が見られる場所は、5時頃から場所取り合戦の様相を呈します。中国人強し。
頂上のタート・チョムシーと月。

グルメ

Le Banneton Cafe(ル・バネトン・カフェ)

クチコミで大絶賛のフランス系人気パン屋さんLe Banneton Cafe。近くの高級ホテルにも卸しています。

サンドイッチで昼食もよし、菓子パンで小腹を満たすもよし。日本でもなかなか見られないクオリティ。
Le Banneton Cafeのフルーツタルト。
Le Banneton Cafeのサンドイッチ。おいしすぎて目玉が飛び出ます。
Zurich Bread

こちらのパン屋さん、チューリッヒ・ブレッドは幅広く洋風パンを扱っています。クオリティ高いです。お店のウェブサイト

ルアンパバーン・ソーセージ

 

宿泊

サッカリン通り、シーサワンウォン通りにホテルが集中しています。シーサワンウォン通りを歩けばいくらでも宿泊施設が見つかります。15万kip~。メコン川沿いにもホテルはたくさんありますが、少し価格帯が上がります。

ホテルだけでなく、AirBnBを使った民泊も楽しいです。

その他
メコン川に沈む夕陽。
1927年の映画Changの屋外上映。ラオス少数民族の森林開拓における野生との闘いのドラマです。とってもおすすめです。入場無料・ワンドリンク制。

私は時間の都合上行けませんでしたが、薬草サウナも好評です。また、メコン川のボートクルーズを少し体験してみたいという方は、ボートでパクウー洞窟まで行ってみてもいいのではないでしょうか。

市外とのアクセス

飛行機

首都ビエンチャンから飛行機が1日数便出ており、簡単にアクセスできます。タイからの飛行機もあります。空港からタクシーまたはトゥクトゥクで30分、5万kipくらいです。

バス

大きめの街(ルアンナムタやノーンキャウ、バンビエン、ビエンチャン等)からはバスも一日数便出ています。距離によりますが、都市間バスは40,000kip~90,000kipくらいのイメージです。2時間のバスで40,000kipくらいです。都市間バスの所要時間は、グーグルマップで道のり検索をすればだいたい分かります。休憩を挟んだりするので、1時間くらいプラスで考えましょう。

ルアンパバーンには、北バスターミナル(北方面へのバスの発着用)と南バスターミナル(南方面へのバスの発着用)があります。どちらにしても郊外で降ろされるます。市街地まではトゥクトゥクで2万kipほど。

ラオス政府観光情報で時刻表が見られますが、正確な時間については必ず現地で確認しましょう。バス停でバスチケットを購入する場合は、定員になると勝手に出発しますので、早めにバス停に着きましょう。出発予定時刻の1時間~45分前に着くのが目安です。

ボート

タイ北西部のチェンマイ・チェンライから国境を越えてラオスのフアイサーイ(フエサイ)に入り、そこからスローボートで1泊2日かけてメコン川下りをして訪れることもできます。20万kipほど。

逆に、ルアンパバーンからスローボートでフアイサーイまで行くこともできます。

バンビエン

三角のSaysong島の南端近く、Nam Song川を渡る橋。
上の写真と同じ場所。

英語表記はVang Vieng。グーグルマップではヴァンヴィエンと表記されています。昔は欧米人のヒッピーが集まるドラッグの町だったとのこと。

今もなんとなくその面影はあり、さくらバーという異常に賑やかなバー(時間帯によりウィスキー無料)が街の中心にあったり、昼間から酔っぱらった欧米人グループがはしゃいでいたりします。

しかし、いまのバンビエンは健全なアクティビティの拠点としての顔が主です。ブルーラグーンの綺麗な水に飛び込むもよし、あてもなく広大な自然の中でバイクを走らせるもよし。なぜか、ラオスの他の街と比べて突出して韓国人観光客が多いです。

ご飯のクオリティはルアンパバーンと比べると落ちてしまいますので、その点は期待なさらぬよう。

 

ブルーラグーン

バンビエンのブルーラグーンは、実はいっぱいあります。私が確認できた限りで、ブルーラグーン1~5まであります。名もないブルーラグーンまで含めればまだありそう。

ブルーラグーン1

市街地からバイクで20~30分ほど。市街地から一番近いブルーラグーンなので、観光客がいっぱいいます。

上からの飛び込みはけっこう怖いです。
鶏や豚肉の焼いたものが食べられます。また、敷地内にはParisien Cafeというパン屋さんもあるので、市街地から食べ物を持ってくる必要はないでしょう。
ライフジャケットのレンタルが1時間1万kipとやや高めです。飛び込みをするなら、あると安心。

ブルーラグーン3

現地人がオススメするのがブルーラグーン3。市街地からバイクで1時間以上かかりますが、その分観光客が少なく、ゆったりと楽しめます。

ブルーラグーン1と異なり、浮き輪が無料で使えます。パラソルもたくさん設置してあり、日焼けの心配なく長居できます。奥に見えるクレーンから、ターザンのように飛び込むことができます。

レストランがありますが、クオリティは低めです。市内からパン等を買っていくといいかもしれません。
ブルーラグーン5

ブルーラグーン3のさらに先にあるブルーラグーンです。あまり知られていないようで、ほとんど人がいません。トイレがめっちゃ綺麗。またここには洞窟もあり、入っていくことができます。軍手とヘッドライトがあれば最高。

飛び込みなどはできないようですが、ここまで来る道はかなり綺麗です。バイクをレンタルしたなら、ここまでの道は特におすすめです。

 

ブルーラグーンまでの道のり

バイクを借りるか、トゥクトゥクで乗り合っていきましょう。バギーのレンタルもありました。

オートマのバイクが1台半日5万kipほどで借りられます。ガソリンは空なので、近くのガソリンスタンドで入れる必要があります。パスポートのデポジット要。タイヤがパンクすると5万kip弁償。

Pha Ngernビューポイント

ほとんど人がいませんでしたが、頂上からの景色は最高です。30分ほどで登れます。夕陽は綺麗だと思いますが、暗くなってから降りるのは大変なので、早めに降りた方がいいでしょう。

田んぼに点々と映る黒い点は、牛たちです。
現地人が1組いました。

気球ライド

気球に乗って夕陽を眺めることができます。ラオス人が時間にルーズなため、「予約していたが時間通りに迎えに来ず、ホテルで夕陽を見た」といったレビューも数多くあります。

タムナム洞窟

Tham Nam water caveなどと言います。Thamは洞窟、Namは水・川という意味。

写真は撮れなかったので、Googleの画像検索のリンクを貼っておきます。ウェブ上に日本語の情報が全く見当たりませんが、ここはお勧めです。

洞窟入り口近くのレストランで、1万kipでライフジャケット・ヘッドライト・浮き輪のセットがレンタルでき、洞窟の中に浮き輪で入っていくことができます。かなり長い洞窟で、奥まで進むと人がおらず、少し怖くなってきます。

タムナム洞窟に行くには、大通りからタムチャン洞窟(Tham Chang:Elephant Cave。Changは象の意味)に向かう道を入っていき、タムチャンをスルーして先に進んでいきます。けっこう(15分くらい?)歩きます。

宿泊・グルメ

ホテルは市内を歩けば簡単に見つかります。良いレストランを見つけるのは難しいです。Happy Mango Thai Restaurantはおすすめ。

プール付きの宿。ここで20万kipほど。探せば10万kip以下のホテルもあります。
パンケーキ。
サンドイッチが安くておいしいです。具材により、10,000~20,000kipほど。
Happy Mango Thai Restaurantのハワイアン・フライドライス。
ストリートにもサンドイッチ屋が並びます。

 

その他
ネズミの丸焼き。
ルアンパバーンからバンビエンに向かう途中。朝日が昇る前。

 

以上、ルアンパバーンとバンビエンの見どころをご紹介してきましたが、私ももちろんすべて回りきったわけではなく、まだまだ未発掘の魅力がいっぱいあると思います。

 

ラオス北部の他の街の旅行記も、下記からあわせてご覧ください。

ラオス北部を1カ月旅行した話。+おすすめの観光スポットや注意点等。

Leave a reply:

Your email address will not be published.