【体験談】盲腸の術後の回復(いかにして便秘を乗り越え腸閉塞を回避したか)

この記事は、以下の盲腸体験談の続きです。

【体験談】盲腸で緊急手術・2日入院した話。必要な準備や費用など。

今回の記事では、盲腸(虫垂炎)の術後の回復のために行ったリハビリと、日時を追うごとの回復の経過に焦点をあてて書いていきます。

術後のリハビリについて

そもそも、盲腸の術後に一番怖いのは腸閉塞になってしまうことのようです。

盲腸を切る手術といっても、盲腸だけをスパッと切ることはできないらしく、どうしても周りの腸が傷付いてしまいます

それで、盲腸の術後に寝たきりで過ごしていると、傷付いた部分が周りの組織と癒着してしまうようです。それが原因で腸内が圧迫されて、腸の内容物(大便やおならのガス)が通過しづらくなってしまう。

これを腸閉塞と呼び、腸閉塞になってしまうとこれまた手術が必要になるとのことです。

これを防ぐためには、とにかく歩くことが大事とのことです。歩くことで腸が動き、癒着を防ぐことができます。また、腸の動きが活発になり、排便が促進されます。

術後、全くおならが出ないと、危険信号らしいです。

手術当日

火曜日の午後18時に手術をしました。腹腔鏡手術だったので、傷痕は小さい方でした。

痛み

なしです。痛み止めの点滴を入れてくれていたので、術後の痛みはほぼ感じませんでした。

傷痕

テープでバチバチに保護されていましたので、自分の目では傷痕は確認していません。あとで見ると、おへその傷が一番大きく、その下に2か所、ホッチキスの針を少し太くしたようなサイズ感の傷があったようです。

歩いた距離

トイレに1回行ったのみです。

トイレまで15mくらいだったので、往復で30mほどしか歩いていないはずです。

ゆっくりなら意外と問題なく歩けました。

食事

絶食です。

腹部膨満感

特になし。

排便

絶食していたので、無し。おならも出ませんでした。点滴を打っているので、おしっこ(排尿)はふつうに出るようです。

術後2日目

痛み

術後の痛みは、2日目が一番痛かったです。といっても、「じっとしていればまあなんとか耐えられる」というくらいの痛みです。飲む痛み止めが処方されており、「飲まなくてもギリギリやっていける」くらいでしたが、私は1度だけ飲みました。

寝返りをうつなど、体勢を変える(胴体の向きが変わる)ときに強い痛みが発生しました。胴体全体が筋肉痛になったような痛みで、なぜか右腕の付け根が一番痛かったです。

傷痕

このときはまだ保護テープバチバチで傷痕は見ていません。

歩いた距離

400mくらい歩きました。

院内をかなり散歩しました。たくさん散歩してくださいと言われたので、フロアをぐるぐる意味もなく歩いていました。

食事

お昼ご飯は、「お粥・白身魚・お吸い物・ポテト・オレンジ」でした。

晩御飯は、「お粥・少量の肉じゃが・卵焼き・菜っ葉・トマト・味噌汁」でした。

お医者さんからは無理して食べないでねと言われましたが、どちらもおいしく完食しました。

腹部膨満感

食べれば食べるだけ、まるまる胃に残っているような感じで、時間が経つにつれ気持ち悪くなっていきました。晩御飯の後からはずっと、焼肉食べ放題の後みたいな感じの苦しさがありました。

排便

まだ無し。

術後3日目(退院日)

3日目の午前に退院しました。もう退院するの!?という印象で、まだだいぶ病人感はありました。この日に初めてシャワーを浴びました。

痛み

引き続き胴体全体の筋肉痛のような痛みがすごかったです。体勢を変えるときや、腹筋に力を入れたときに痛くなりました。

2日目よりはだいぶマシでしたが、まだ結構痛かったです。痛み止めは、ちょっと飲もうかなと迷うくらいでしたが、飲みませんでした。(薬嫌いなのです。笑)

傷痕

バチバチテープはついに外され、その下の小さいテープだけになりました。

「このテープはかさぶたみたいなものだから、自然に取れるまではがさないでね」とのこと。大変分かりやすい比喩でした。

お医者さんいわく、「傷痕はドライですね」とのこと。多分、膿んでじゅくじゅくすると傷痕がウェットになるので、ドライな方が良いんだと思います。まだだいぶ生々しい傷痕ではありました。

傷痕はヒリヒリと、少し痛いというくらいでした。

歩いた距離

400mくらい。2日目から進歩が無いですが、400mでも結構しんどかったです。

リハビリのために家の周りを、時間を空けて2回ほど散歩しましたが、痛みにくわえて寒かったこともあり、なんだか泣きそうでした。屋外は屋内より辛いのかもしれません。

食事

朝は病院食(パンにジャムやマーガリンと、バナナと、ツナとご飯を混ぜたねこまんまみたいなもの)。

お昼からは家でふだん食べているものを食べました。この日は冷凍の小籠包など。

また、このときふだん飲んでいるサプリの1つとして、整腸剤(ビオフェルミンの海外版みたいなもの)を飲んだのですが、これは少し後悔しています。整腸剤といっても、腸を整えるというより便を固める作用が強いので、このせいで便秘が加速したのかもしれない、と思っています。

腹部膨満感

引き続き、焼肉食べ放題の直後のような満腹感・膨満感でした。膨らませた風船のような気分で、苦しかったです。

排便

帰宅直後に、下痢で泥のような便がごく少量出ました。出ないよりは全然良いので、まずは一安心しました。

術後4日目(退院後2日目)

痛み

体勢を変えたときの痛み(胴体の筋肉痛のような痛み)は引き続き結構ありました。

しかし、痛み止めを飲むか迷うほどではなく、何かに集中していれば忘れられるくらいのものでした。

傷痕

シャワーを浴びたからか、少しじゅくじゅくしていました。ちょっと赤くなっていて、軽く膿んでいるかな?というくらいでした。おへその下の小さい2つの傷については、すっかりかさぶたになっていました。

歩いた距離

だいぶ調子が良かったので区役所まで行ってみました。往復1.5kmくらい歩きましたが、まだちょっと余裕はありました。

食事

ふだんの食事をしました。お菓子は我慢しました。

この日から、あえてお腹を緩くするために(下剤代わりのようなイメージで)プロテインを飲みました。私は乳糖不耐症のため、プロテインを飲んで整腸剤を飲まないでいると必ず下痢をするのです。なので、排便を促すためにわざとそのようにしました。

腹部膨満感

相変わらず、焼肉食べ放題の直後のような満腹感・膨満感でした。

排便

なし!4日目に排便が無かったのが精神的にキツかったです。たくさん食べているのにおならさえほとんど出なかったので、腸閉塞になるのでは、と心配になりました。明日の朝は下剤を買ってみよう、と決心しました。

術後5日目(退院後3日目)

痛み

体勢を変えたときの痛み(胴体の筋肉痛のような痛み)は引き続き結構ありましたが、前日より少しマシになっていました。お腹に力を入れたりすると結構痛かったです。笑ったりしたときも結構痛かったです。

この日の夜、我慢できずにくしゃみが出てしまい、お腹が猛烈に痛かったのと同時に、腹圧がかなりかかったので盲腸の傷が破れていないか少し心配になりました。

傷痕

前日よりはウェット感は少なく、かなりかさぶた化が進行していて良い感じでした。

歩いた距離

2.5kmくらい。まだ走ったりはできませんが、歩く分にはあまりお腹も痛くならず、問題なく歩けました。

食事

ふつうの食事をしました。お菓子は我慢。ちなみに、お酒・タバコはもともと飲まないです。

排便

朝に少量出て大安堵しました。ただ、少量かつ泥のような下痢の大便でした。下痢だったので、買うと決めていた下剤は、迷った挙句やはり買わないことにしました。

また、夜にも少量の下痢の大便が2度ほど出て、かなり心が穏やかになりました。おならも少しずつ出るようになってきました。

腹部膨満感

排便するたびにマシになりました。術後の苦しさの大部分を占めていたので、だいぶ楽になりました。

術後6日目(退院後4日目)

痛み

体勢を変えたときや、お腹に力を入れたときの痛みは、引き続きありました。寝ていて寝がえりを打つときが特に痛いです。しかし、起きてからしばらくすると、ふつうにしているときはもう全く痛くなかったです。

傷痕

おへそもほぼ完全にかさぶたになってきました。同時にかゆみが出てきて、睡眠中にかいてしまわないかと心配でした。

歩いた距離

排便がだいぶあったので、もう大丈夫かなとリハビリはお休みしてしまいました。笑

一日家で過ごしていて、ほとんど歩いていません。

食事

ふだんの食事にくわえ、お菓子も解禁しました。

腹部膨満感

排便するたびにマシになり、夜にはほとんど平常時のようになりました。これがお腹の痛みよりも不快だったので、やっと健康を取り戻したように感じました。

排便

ため込んでいた分を放出する感じで、朝から4度ほど「少量ずつ・下痢」でしたが出ました。おならも調子よくたくさん出ました。

まとめ

痛み

術後2日目がピークで、だんだんと小さくなっていく。体勢を変えたり力を入れたりしたときの痛みは長く続く。術後8日目くらいまでは、腹筋に力を入れるとかなり痛い(くしゃみなどすると激痛)という感じだったが、術後12日目くらいにはくしゃみをしてもほんのり痛むくらいにまで回復しました。

傷痕

術後5日目、6日目くらいでかさぶたになり、あまり気にならなくなる(しかしかゆくなる)。ちなみにその後、術後8日目に自然とかさぶたが剥がれはじめ、術後12日目には傷痕というよりは肌が変色しているくらいになってきました。

歩いた距離

術後4日目くらいから割と普通に歩けるようになる。

食事

消化が良いものを選ぶ必要はあるが、気持ちとしては初めから割と何でも食べられる。排便の様子を見つつ。

腹部膨満感

これが私はずっと辛かったですが、個人差は大きそうです。排便が始まるとともに解消していきました。辛い場合は早めに下剤を飲んだ方が良さそうです。

排便

術後3日目にちょっとだけ出てストップし、また5日目に出てからはどんどん出始めました。私の場合、術後8日目くらいで便が硬くなってきて、術後10日目でふだん通りの排便に戻りました。

 

 

 

そんなこんなで、術後7日目から職場復帰を果たしました。

退院の日には、「デスクワークは良いけど、立ち仕事はしないでね」と言われていました。私の仕事は立ち仕事なので、いつ復帰できるかなと思っていましたが、術後7日目の復帰はちょうどいいタイミングだったなと思っています。

最短いつから復帰できたかと考えてみると、術後5日目であれば、半べそかきながら一応無理して復帰できたかもしれないという気はします。

なお、発熱については、術後4日間ほどは37度をわずかに超えるくらいの微熱が続いていました。

Leave a reply:

Your email address will not be published.