【クラロワ】ロイヤル大会の500エメ報酬の勝利数別価値

今回の記事では、ロイヤル大会(旧グローバル大会)のボーナス報酬の価値(コスパ)について詳しく解説していきます。

早速ですが、ロイヤル大会で500エメラルドを支払って得られる報酬の価値は以下の表のとおりです。

RT勝数 報酬 Gold換算 累積値 累積/エメ 倍数 GC対応
1 UR宝箱 20000 20000 40 x2.0 3勝
2 1万G 10000 30000 60 x3.0 4勝
3 URトークン 2000 32000 64 x3.2 4勝
4 SR宝箱 10000 42000 84 x4.2 5勝
5 1万G 10000 52000 104 x5.2 6勝
6 SRトークン 1000 53000 106 x5.3 6勝
7 巨大宝箱 7740 60740 121 x6.1 6-7勝
8 1万G 10000 70740 141 x7.1 7-8勝
9 Rトークン 500 71240 142 x7.1 7-8勝
10 ウルキン宝箱 95340 166580 333 x16.7 11-12勝
11 1万G 10000 176580 353 x17.7 11-12勝
12 Nトークン 250 176830 354 x17.7 11-12勝
13 魔法の鍵 800 177630 355 x17.8 11-12勝
14 1万G 10000 187630 375 x18.8 11-12勝
15 魔法の宝箱 10573 198203 396 x19.8 11-12勝

RT勝数」…ロイヤル大会の勝利数。

Gold換算」…報酬をゴールドに換算した数値。アカウントがあまり育っていないうちは、カードの価値の方がゴールドよりも高く感じるものなので、実感と合わないかもしれません。しかし、カードの全カンストを目指すフェイズでは、とにかくゴールドが枯渇するので、カードをゴールドに換算したときの価値が大事になります。

累積値」…その勝利数までの報酬のゴールド換算値の累積値。

累積/エメ」…1エメラルドあたりのゴールド換算累積値(1エメあたりのコスパのこと)。

倍数」…セールで書いている「×〇倍セール」に換算して表現した数値。

GC対応」…1エメあたりで同じコスパの報酬を得るために必要なグランドチャレンジの勝利数。

 

10勝目で得られるウルトラレアキング宝箱の価値がものすごく高い(特に、チャンピオン実装後はチャンピオンが確定で出るのでさらに価値が上がった)ので、「10勝できれば500エメ支払う」という考え方が良いと思います。※タワーレベル14未満のプレイヤーは、ウルトラレアキング宝箱のゴールド換算値が4万ゴールド分減少することになり、「倍数」が3ほど下がることになります。

15勝までいくと、グラチャレで12勝したのと同じくらいのコスパが得られます。

プロでもグラチャレ12勝を5連続するのはかなり難しいので、そう考えるとロイヤル大会の500エメ報酬は、クラロワでエメラルドを支払って得られる報酬の中でも最もコスパが良いといえます。

Leave a reply:

Your email address will not be published.